紅蓮・。・速報
ニュース

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

【進撃の巨人ネタバレ】48話 腰ベルト「守ってくれ!」


g130706-1.jpg


※ネタバレ注意


618 : マロン名無しさん[sage] 投稿日:2013/08/07(水) 18:27:37.30 ID:???
文字バレ1

ライナーたちにエレンが連れされられようとしているのに気づくエルヴィン。
「各班!巨人を引き連れたままでいい!私に付いて来い!」と叫ぶ。
憲兵団の面々は「エルヴィン…この悪魔め!また俺達を囮にする気か!」と罵る。
エルヴィンは「そんなつもりはない!憲兵団はよく戦っている!兵士の本分に努めよ!とフォロー

ハンネスを筆頭にライナーたちを追いかける面々。

アルミン先生「『鎧の巨人は』関節部分の硬質な部分をはがして走ればもっと速く走れるはずだ。
そうしないのは…長い距離を走れないかもしれない…けど このままじゃもし追いついても止められない!」

ミカサ「いや…何か手はある。今度は…躊躇うこと無く奴らを…必ず殺す。私たちの邪魔をするなら、ユミルも
その例外じゃない。どんな手を使っても必ず…」

アルミンの(なにコイツ引くわー)な表情がフタコマ入る


677 : マロン名無しさん[sage] 投稿日:2013/08/07(水) 18:34:05.85 ID:???
文字バレ2

ライナーの肩にしがみついていたユミルは口の中に指をいれて唾液まみれのクリスタを引きずり出す。
そしてうなじから人間形態を出して、クリスタに謝る。。

ユミル「クリス…いやヒストリア…ゴホッすまなかった。突然…ゴホッ食っちまって。ゴホッゴホッ やっぱ…怒ってるだろ?

クリスタ「「あ…」

ユミル「ゲホッ ゴホッ」

クリスタ「ユミル、何が…何をしているの!?私たちはあなたとエレンを助けに…」

ユミル「助けなくていい!このままじっとしてろ。私はライナーとベルトルトについていく!お前もだ!私と来い!
この壁の中に未来はねぇんだよ!」

クリスタ「な…」

ユミル「ゼェゼェ…いいかヒストリア?壁外はそんあんい悪いところじゃない。お前のことを『産まれてこなけりゃよかったのに』
なんていうやつなんかいないしな」

クリスタ「…!?そりゃ巨人はそんなこと言わないだろうけど!すごい勢いで食べようとしているじゃない!」

ユミル「だ…誰にでも短所の一つや二つはあるだろ!?そこさえ目をつぶれば割りといい奴らなんだよ!」

クリスタ「ユミル!?言ってることもやってることも無茶苦茶でワケわからないよ!?やっぱりあなたはライナーとベルトルトに
脅されているのね?」

ベルトルト「逆…だ」(額に汗)


740 : マロン名無しさん[sage] 投稿日:2013/08/07(水) 18:41:12.66 ID:???
文字バレ3

ベルトルトの発言を完全無視のクリスタ

「そうなんでしょ?私も一緒に戦うから!この手を放して!事情があって話せないことがあっても!何があっても
私はあなたの味方だから!!」

クリスタの叫びに悲壮な表情を浮かべるユミル。だがそこですかさずベルトが「ユミル!」と叫ぶ

「見ろよ…調査兵団がすぐそこまで追ってきている。すぐに逃げていれば僕らはもっと早く逃げられたはずだ。
無茶してクリスタを連れてきたから、…きっと追いつかれる。」
(なんか演劇やってるような大げさな手振りで)
「あぁ…ユミル…僕らは!何のために…!ここまでしたんだよ!また気が変わったのか?今度は自分のために
クリスタをこの壁の中に留めるつもりなのか?どうなんだよユミル!

苦悩するユミルにクリスタも説得を重ねる
「ユミル!早く!この手を放して!」

だが奥歯をギリリと噛み締めた後、ユミルの口から出た言葉は
「駄目だ!!」

呆然とするクリスタに対し、泣きそうな顔で
「ヒストリア…正直に言うと、お前をかっ攫ってきた理由は…私が助かるためなんだ」


819 : マロン名無しさん[sage] 投稿日:2013/08/07(水) 18:49:02.33 ID:???
!?と驚くクリスタに対しユミルは

「私は昔、こいつらの仲間から『巨人の力』を盗んだ。こいつらの力は絶対だ。壁の中にも外にも私の逃げ場はない。
このままじゃ私は殺される。でも…お前を奴らに差し出すことに協力すれば…私の罪を不問にしてくれるようこいつらが
取り合ってくれると言った…お前が壁の秘密をする壁教の重要人物だからだ」

告白を続けるユミルを見ながら、クリスタの脳裏に浮かんだ情景は…

回想ユミル(お前だろ…家から追い出された妾の子ってのは…)

ユミル「この世界の状況が変わった時、お前といれば近い将来…保険になると思っていた)

回想クリスタ(私の…生まれた家と関係ある?)
回想ユミル(あぁ…ある)

ユミル「私はあの塔の戦いで死にかけて…もうイヤになったんだ。死ぬのが怖い。何とかして助かりたいって。
ただ…情けなくて『お前のため』…みたいなこと言ったけど、本当は全部私のためだ頼むよヒストリア」

(ここで今までつぶっていた両目を開く)

ユミル「私を…私を助けてくれ!」

それを聞いた天使いや菩薩
「言ったでしょユミル…何があっても私はあなたの味方だって!」


869 : マロン名無しさん[sage] 投稿日:2013/08/07(水) 22:07:25.61 ID:???
クリスタ菩薩発言以降の詳細バレ1

エレン目を覚ます 鎧の巨人の周りを調査兵団が取り囲んでる
ハンネスが膝を切ろうとするが剣のほうが折れる
ダズ(生きてた)が首にワイヤーを刺すもユミルにポイっと払われる
次の瞬間ミカサがユミル巨人の左目を潰す

ユミル「ぎゃああああああ」
ベルト「ひっ…!! ライナー!! 守ってくれ!!」


g130809-2.jpg


鎧の手で覆われてギリギリ剣が届かない、ユミルがミカサの邪魔をする

ミカサ「チッ!!」(やはり先に…ユミルを…殺さなくては!!)

人殺しの目でユミルに斬りかかるミカサ

クリスタ「待ってミカサ!!」
ミカサ「クリスタ!?」
クリスタ「待って…!ユミルを殺さないで!」
ミカサ「…それはユミル次第でしょ!?どうする!?私は邪魔する者を殺すだけ!!選んで!」
クリスタ「待ってよ!!!ユミルだってライナーたちに従わないと殺されるの!選択肢なんてないんだって!!」
ミカサ「…… 私が尊重できる命には限りがある そして…その相手は六年前から決まっている 
    ので 私に情けを求めるのは間違っている なぜなら今は 心の 余裕と 時間がない」


933 : マロン名無しさん[sage] 投稿日:2013/08/07(水) 22:15:02.39 ID:???
詳細バレ2

ミカサ「クリスタ あなたは エレンとユミル どっち? あなたも邪魔をするの?」

ユミルがミカサを「ぎああああ」と威嚇、クリスタに止められる

クリスタ「やめてユミル!! 抵抗しないで! 死んじゃう! 動かないで!」

ユミル巨人大人しくなる 104期生みんな鎧の巨人に集まる
一方暴れるエレンと振り回されるベルトルト

ベルト「やめろエレン!!暴れるな!」
ジャン「そりゃあ無理があるぜベルトルト」
ベルト「!?」
ジャン「そいつをあやしつけるなんて不可能だろ!?
     うるさくてしょうがねえやつだよな! よーくわかるぜ!俺もそいつ嫌いだからな!」

鎧の巨人の手の周りに104期生が集まっている

ジャン「一緒にシメてやろうぜ …まあ出てこいよ」
ミカサ「ベルトルト…返して!」
コニー「なあ嘘だろベルトルト?ライナー?今までずっと… 俺達のことを騙してたのかよ… そんなのひでえよ…」

ハンネスさん周りを相変わらず取り囲むも様子見、何かに気づく

ハンネス「クソ…少し様子を見るんだ …ん!?」

相変わらず鎧の巨人の手の中から出てこないベルトルト

ジャン「おいおい おいおい お前らこのまま逃げ通す気か?
    そりゃねーよお前ら… 3年前一つの屋根の下で苦楽を共にした仲じゃねえか… ベルトルト」


4 : マロン名無しさん[sage] 投稿日:2013/08/07(水) 22:27:29.49 ID:???
詳細バレ3
前スレの続き

ジャン「お前の寝相の悪さは芸術的だったな!
     いつからか皆お前が毎朝生み出す作品を楽しみにしてその日の天気を占ったりした…」
     …けどよ お前… あんなことした加害者が…被害者たちの前でよく…ぐっすり眠れたもんだな」

ハッとするベルトルト

コニー「全部嘘だったのかよ…!? どうすりゃ皆で生き残れるか話し合ったのも
     おっさんになるまで生きていつか皆で酒飲もうって話したのも…全部…嘘だったのか?」
     なぁ!?お前ら… お前らは 今まで何考えてたんだ!?」
ミカサ「そんなものわからなくていい こいつの首を撥ねることだけに集中して
    一瞬でも躊躇すれば もうエレンは取り返せない こいつらは人類の敵 それで十分」

耐え切れない表情になるベルトルト

ベルト「だっ…誰がっ!! 人なんか殺したいと!! …思うんだ!!
     誰が好きでこんなこと!! こんなことをしたいと思うんだよ!!
     人から恨まれて 殺されても…当然のことをした 取り返しの付かないことを…
     でも…僕らは 罪を受け入れきれなかった… 兵士を演じてる間だけは…少しだけ 楽だった…
     嘘じゃないんだコニー!!ジャン!! 確かに皆騙した…だけど すべてが嘘じゃない!
     本当に仲間だと思ってたよ!!僕らに…謝る資格なんてあるわけ無い…けど…誰か…
     頼む…誰か…お願いだ…誰か僕らを見つけてくれ…」

思う所ありな顔をするユミル


g130809-3.jpg


6 : マロン名無しさん[sage] 投稿日:2013/08/07(水) 22:28:01.88 ID:???
詳細バレ4

ミカサ「ベルトルト エレンを返して」
ベルト「…駄目だできない」

ヤバイ表情になるミカサ

ベルト「誰かがやらなくちゃいけないんだよ…誰かが… 自分の手を 血で染めないと…」

突然警告してくるハンネスさん

ハンネス「お前らそこから離れろ!! 信じらんねえ…どういうつもりだ エルヴィン…!?」

めっちゃ大量に走ってくる巨人

ハンネス「巨人を引き連れてきやがった!!!」

引き連れてくる集団の先頭を走る団長

ここにもまたその手を血で染める男がいる!!(アオリ)


g130809-1.jpg


転載元
http://www.logsoku.com/r/csaloon/1375863522/
http://www.logsoku.com/r/csaloon/1375870589/
http://www.logsoku.com/r/csaloon/1375881838/




ミカサ・・・ひくわぁ
関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL



ブログパーツ 出会いを真剣に探している方
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。